物がぼやけて見えるけどカラコンしても大丈夫?

これからカラコンをしようと思ってるけど、ふだん物がぼやけて見えたりしてるけど大丈夫かな?って感じていませんか?

物がぼやけて見えてしまうのは「乱視」の可能性があります。乱視は少なからず誰にもあるもので、大事なのは乱視の有無ではなく、「乱視の強さ」なんです。
話しを戻しますが、物がぼやけて見えるのにカラコンは大丈夫か?という疑問に関しては、答えは「イエス」です。
ただし、通常の度ありカラコンでは乱視を矯正することはできないので、「乱視用カラコン」を選ぶ必要があります。もし通常の度ありカラコンなどを選んでしまうと物がぼやけて見えるという症状も治まらないばかりか、ますます乱視を助長させてしまうことにもなりさらに視力を悪くしてしまうことにもつながってしまいます。
しっかり乱視用カラコンを選んでおくと、乱視矯正もしっかりできるため物がぼやけて見えるという症状は改善でき、かつカラコンの持つ特徴であるおしゃれも楽しむことができるんですね。

しかし、乱視用カラコンは高技術・高精度で製造されるためどうしても価格が高くなってしまいます。やはりカラコンは目に直接装着するものなので、厳しい品質検査や検品などでコストが高くなってしまうんです。けれどその分長く使えるものが多くその品質と安全性は心配なく、私も使っているヴィーナスアイズの乱視用カラコンはプロの技師によって製造されているので、毎回安心して使えています。

乱視用カラコンでトップの品質を誇るヴィーナスアイズトーリックシリーズが乱視の私のパートナーです。

ヴィーナスアイズトーリック
人気BEST5はココ
↓↓↓